2010年09月25日

マリーシア<駆け引き>が日本のサッカーを強くする

「マリーシア」=駆け引き。ブラジルのコレを学ぶべし。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
時代は戦術論全盛である。日本のサッカーファンは戦術を好んで議論し、メディアでは布陣のトレンドが度々とりあげられる。だが、戦術は選手のコンディションにとどまらず、ピッチや気象条件などの外的要因からも影響を受ける、繊細で脆いものだ。そもそもサッカーとは、相手の長所を潰し合うものであり、チーム戦術や選手個人の技術に頼っていたら、どこかで破綻が生じる。それは、今まで国際舞台で日本サッカーが繰り返してきた過ちを見れば明らかだ。本書は、インタビューを行なったブラジル人選手の多くが、「日本人にはマリーシアが足りない」と語る、その「マリーシア」の本当の意味に迫る。そして、日本が世界で勝つために、「マリーシア」を身につけることが必要不可欠であることを提言する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 マリーシアとはなにか―カカが問いかけたもの/第2章 賢さが勝敗を決める/第3章 いつも正直者ではいけない/第4章 ボールの行方はマリーシアとともに/第5章 知性と創造性/第6章 ジーコはなぜ怒ったのか/第7章 マリーシアはブラジルの「産業」/第8章 日本人よ、リスクを冒せ!/第9章 駆け引きの先に「楽しみ」がある/第10章 マリーシアを持った日本人は誰か?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
戸塚啓(トツカケイ)
1968年神奈川県生まれ。法政大学卒業後、「週刊サッカーダイジェスト」の編集者を経て、’98年よりフリーのスポーツライターとなる。2000年3月より’08年11月まで、日本代表の国際試合を149試合連続で取材中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by みかん at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー父さんご用達BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。