2010年09月25日

【新・サッカー戦術論】戸塚啓

■最近、戸塚啓にはまっています。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
バルサの4‐3‐3、マンUの4‐4‐2、レアルの4‐3‐1‐2…対角線上のレフティに注目せよ。究極のフォーメーション図で徹底解剖。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 4‐3‐3─ワイドで攻撃志向のポゼッションサッカー/第2章 4‐2‐3‐1─「3」の両翼のキャスティングで監督の意図がわかる/第3章 4‐3‐1‐2─エンガンチェ(トップ下)で戦術が決まる/第4章 4‐4‐2─流行に左右されない攻守に万能なシステム/第5章 現代戦術の行き先─トレンドと南アフリカW杯後の世界
posted by みかん at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自主練教科書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリーシア<駆け引き>が日本のサッカーを強くする

「マリーシア」=駆け引き。ブラジルのコレを学ぶべし。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
時代は戦術論全盛である。日本のサッカーファンは戦術を好んで議論し、メディアでは布陣のトレンドが度々とりあげられる。だが、戦術は選手のコンディションにとどまらず、ピッチや気象条件などの外的要因からも影響を受ける、繊細で脆いものだ。そもそもサッカーとは、相手の長所を潰し合うものであり、チーム戦術や選手個人の技術に頼っていたら、どこかで破綻が生じる。それは、今まで国際舞台で日本サッカーが繰り返してきた過ちを見れば明らかだ。本書は、インタビューを行なったブラジル人選手の多くが、「日本人にはマリーシアが足りない」と語る、その「マリーシア」の本当の意味に迫る。そして、日本が世界で勝つために、「マリーシア」を身につけることが必要不可欠であることを提言する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 マリーシアとはなにか―カカが問いかけたもの/第2章 賢さが勝敗を決める/第3章 いつも正直者ではいけない/第4章 ボールの行方はマリーシアとともに/第5章 知性と創造性/第6章 ジーコはなぜ怒ったのか/第7章 マリーシアはブラジルの「産業」/第8章 日本人よ、リスクを冒せ!/第9章 駆け引きの先に「楽しみ」がある/第10章 マリーシアを持った日本人は誰か?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
戸塚啓(トツカケイ)
1968年神奈川県生まれ。法政大学卒業後、「週刊サッカーダイジェスト」の編集者を経て、’98年よりフリーのスポーツライターとなる。2000年3月より’08年11月まで、日本代表の国際試合を149試合連続で取材中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by みかん at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー父さんご用達BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

【世界に一つだけの日本サッカー 日本サッカー改造論】戸塚啓





【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ勝てない?なぜ観ていて面白くない?どうしたら世界の“壁”を越えられる?その答えを求めて…さあ、日本人よ世界に誇るサッカーをしよう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 日本的サッカーの必然性/第1章 挑戦と挫折と模索の記録/第2章 日本サッカーの長所は“武器”となり得るのか?/第3章 ピッチからの金言/第4章 世界と戦うための7つの提言/第5章 南アフリカ大会での勝ち方/終章 夢物語ではない
posted by みかん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー父さんご用達BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。